【連載小説】  第8霊人  1話

 

aurora-69204_1280

 

 

 

「みんなー、朝ごはんですよー。」

 

 

「はーい。」「はーい。」

「ミャー」「ピー」

 

 

「レイちゃんは、こっちね。」

 

 

「ミャーミャー。」

 

 

「セバスチャンは、こっち。」

 

 

「オハヨー。オハヨー。」

 

 

「涼介さん、今日は、早く帰れるの?」

 

 

「ん~、ちょっと分かんないなー。

TELするよ。」

 

 

「心ちゃんは、保育園遅れちゃうから、

ちょっと急いでねー。」

 

 

「はーい。」

 

 
朝は、毎日戦争だ。

旦那様と子供と猫に九官鳥。

朝ごはんというより、動物園の飼育係みたいだ。

 

 

そして・・

 

 

ピンポ~ン、ピンポ~ン。

きたきた。

 

 

「卓球便で~す。ってか、ハハ。

シンちゃん、おはよー。」

(でたー。陽子さんだ。)

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る