【連載小説】  第8霊人  36話

 

aurora-69204_1280

 

 

 

 

ネギマアの説明。

 

 

 

ネギマア:

「それじゃ、説明するね。

黒幕を消去したのは、

実は、太陽の力なんだ。」

 

 

 

ユイ:

「えー!太陽が関係するの?」

 

 

 

涼介:

「上の人って、太陽の力も使えるんだ。

スゴイなあ。」

 

 

 

ネギマア:

「うん、簡単に言うとそういう事。

太陽のフレアを利用して、

人工衛星に強い電磁パルスを送ったことで、

黒幕は、消滅したわけ。」

 

 

 

涼介:

「あの、緑色の

オーロラみたいなのがそうだったんだ。」

 

 

 

ネギマア:

「そう、ただ、上の人も、

フレアを作ることはできても、

その電磁波をピンポイントで、

一個の人工衛星に当てることは

難しかったわけ。

 

下手すると、

全部の人工衛星を

壊してしまいかねないからね。」

 

 

 

ユイ:

「そうなると、地球上は、大パニックね。」

 

 

 

ネギマア:

「それで、あの人工衛星だけに、

黒幕を消去できるだけの

電磁波を当てることを考えていたわけ。」

 

 

 

ユイ:

「なるほど、そうか、

私たちが地上から人工衛星に波動を送って、

そのマークに電磁波を当てたということね。」

 

 

 

ネギマア:

「その通り。

これは、肉体を持ってる、

みんなにしかできない仕事だったんだ。」

 

 

 

ユイ:

「それじゃ、波動の力は、

カメハメ波ではなくて、

マーキングのためにあったんだ。」

 

 

 

ネギマア:

「そういう事。

作戦が黒幕に、バレないように、

隠してたわけ。」

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る