【連載小説】  第8霊人  31話

 

aurora-69204_1280

 

 

ユイ:

「ねえ、スカイツリーと関係がありそうなら、

私達も、東京へ行ったほうがいいんじゃない?」

 

 

 

ネギマア:

「いや、奴は、

スカイツリーを利用してるだけだから、

タブン宇宙空間から出てないと思うよ。

ま、そこに、油断があるってとこかな。」

 

 

 

ユイ:

「ふーん、そうなんだー。

なんだか、よく分からないね。」

 

 

 

陽子:

「奴も、まさかって思うはず。」

 

 

 

ユイ:

「へえー、それで、作戦はいつ実行するの?」

 

 

 

ネギマア:

「実は、明日の朝。

太陽が顔を出した頃、

ちょうど、奴のいる人工衛星が、

沖縄の近くを通るんだ、

その時がチャンスさ。」

 

 

 

ユイ:

「何か、準備しなくていいの?」

 

 

 

ネギマア:

「僕らは、その時を待てばいいの。

朝、5時にこの部屋に集合して、

首里城に行くんだ。

そこで、決着をつけよう。」

 

 

 

ユイ:

「首里城に?」

 

 

 

ネギマア:

「うん、ちょうど東シナ海が見えるからね。

あそこが、ベストポイントだと思うよ。」

 

 

 

陽子:

「いよいよね。」

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る