【連載小説】  第8霊人  24話

 

aurora-69204_1280

 

 

「陽子さん、そこにいる?」

 

 

「うん、いるよ。」

 

 

「ねえ、私達に武器があることは、

わかったけど、黒幕は、

どうやっておびきだすの?」

 

 

「確信があるわけじゃないけど、

霊人界とつながりのある

私を襲ったわけだから、

記憶を戻したみんなも

狙ってくる気がする。」

 

 

「黒幕は、生きてる人間を操って、

襲ってくるよね。

自分自身は直接手を下さない。」

 

 

「そうなんだ。

まだ、姿を見ていないんだよね。」

 

 

「死んでるわけだから、

肉体は、ないのよね。

霊体ってことか・・。

でも、どうやって、

生きてる人間を操ってるのかな。」

 

 

「私が作った携帯電話のアプリで

かなりの手下が成仏したから、

携帯、スマホの線はありだと思うよ。」

 

 

「そうか、それだと、不特定多数の人に

アプローチすることができるね。

それで、人を操ることができるのか。」

 

 

「ただ、黒幕は、それに掛からなかった。

という事は、どこか別の場所で

全体を動かしてる感じがする。

前に、涼介さんに聞いた電波の話。

そこを調べるとカラクリが分かるかもね。」

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る